長さ調整でパパもママもぴったりフィット

お子さまの成長や季節の服装に合わせて長さ調節できるのでいつでも快適に使えます。

こだわりポイント(各項目をクリックすると詳細をご覧いただけます)

150cm~180cmの方までご使用いただけます。(体格によってはご使用いただけない場合があります。首がすわってから(4ヶ月頃)~24ヶ月(体重13kg)ごろまで

こだわりPoint01

簡易型抱っこひもにはいろんな問題がありました。

これらの問題を解決しようと、お母さんたちと解決した結果、”長さ調整”にたどりつきました。この長さ調整のおかげでとっても楽になりました。
  • お父さん・お母さんも一緒に使える。
  • 赤ちゃんが薄着・厚着してもぴったり抱っこできてとっても快適。
  • ピッタリ抱っこできるので、抱っこひもが左右に揺れにくくてとっても安定。
  • 赤ちゃんの出し入れが楽になった。
しかもラッキーのらくらくキャリーアジャストは抱っこしながら調整できるので”いつでもどこでも快適にフィット”できます。

従来の簡易型調整抱っこひもは"着用する前に長さを調整"する必要がありました。
"このタイプだと"しっかりとピッタリフィットすることは非常に難しい"です。
服装やご飯の後など体型の変化にぴったりになる長さをしっかり設定できないし、また抱っこする前にしっかり調整したとしても、ピッタリ調整した後に赤ちゃんを入れるときに非常に窮屈です。

らくらくキャリーアジャストの購入はこちら このページのトップに戻る

こだわりPoint2

シーンに合わせて色々使えます。

刺繍シリーズ 刺繍を入れることでかわいく仕上げました
リネン調大格子リネン調ストライプマリンストライプタータンチェック
ギャザーシリーズ ギャザーでお子さまをよりしっかりと抱っこできます
ホワイトクリームピンクグリーンスカイブルーブルー
ベーシックシリーズ パパにも似合うカラーを揃えました
ベージュエボニーネイビーグレーブラック
各商品画像をクリックすると拡大サイズが表示されます。

 

らくらくキャリーアジャストの購入はこちら

このページのトップに戻る

こだわりPoint3

知って納得、親子らくちん構造 簡易型抱っこひもはとっても多くの種類があります。ラッキーはその中でも一番使い勝手が良いように下記にこだわりました。

1.らくらくキャリーアジャストはあえてひねっています。

らくらくキャリーアジャストはあえてひねっています。
"らくらくキャリーアジャスト"は赤ちゃんの太ももに優しくそってくれます。

2.らくらくキャリーアジャスト背中のクロス部分をあえて固定していません。

背中のクロス部分が縫いつけてあると装着が楽ですが、その縫いつけによって体が大きい人と小さい人が着用したときに困ったことになります。もしも背中のクロス部分が縫いつけてあった場合、体格が小さい人にFITする抱っこひもを体格の大きい人が着用した場合、抱っこひもが上手く体にフィットしないだけでなく、クロス部分が首のほうに持ち上げられてしまうためとても負担が大きいです。左上:一般商品を体の大きい人が着用した場合 左上:一般商品を体の小さい人が着用した場合 右:らくらくキャリーアジャスト
左上:クロスが上がりやすい 左下:シワシワ 右:きれいにフィット

3.簡単な装着とより快適な着用感のために適度なハリコシを持たせました。

見た目はかっこいいビンテージ加工。
でも生地がくたくただと装着するのにとっても大変。
そこで適度なハリコシのために肩・背中部分にクッションを入れました。また、このクッションは赤ちゃんの重さの体感を和らげてくれるので快適に抱っこできます。
肩・背中にクッション ※肩と背中で支えるためとっても楽!!

らくらくキャリーアジャストは長さが調整できるので、赤ちゃんを持ち上げて抱き寄せることができます。この持ち上げるという動きは非常に重要で、たとえば重い荷物を持つ時、上のほうであればある程楽に感じるように、抱っこ時の負担を大幅に軽減してくれます。

らくらくキャリーアジャストの購入はこちら

このページのトップに戻る

こだわりPoint4

とってもコンパクト&簡単装着。

1.らくらくキャリー・アジャストはコンパクトにたためます!

赤ちゃんとのお出かけってとっても物入りですよね。おむつ、哺乳瓶、お着替え、タオル・・。しっかり抱っこできるのはいいけど大きすぎる抱っこひもはちょっと困る・・でもらくらくキャリーアジャストだったらとってもコンパクトでしかもたったの250g。気軽に持ち運びできるのでとっても楽です。
コンパクトにたたんだ画像

2.長さ調整で装着が楽になりました。

1.頭と腕を通します。☆肩紐が背中でねじれないようにしてください。 2.左肩紐を肩からずらしてください。 3.お子さまを抱っこひもに入れてください。 4.ずらしておいた左肩紐を肩にかけます。☆お子さまの腕は必ず肩ひもから出してください。 5.お子さまを抱っこしやすい位置になるよう長さ調整してください。

抱っこ紐を短くする時は紐の先をもってチェック生地にそうように引っ張ってください。もし引っ張りにくかった場合は、片手で赤ちゃんを少し上に浮かしている間にもう一方の手で引いたらスムーズにひけます。長くする場合は写真のようにバックルを立てるようにしてください。

らくらくキャリーアジャストの購入はこちら

このページのトップに戻る

こだわりPoint5

赤ちゃんが使うものだから、安全性への取り組みを真剣に考えました。

1.バックルの安全性

長さ調整を可能にするバックル。このバックルはYKKさんと半年以上かけ独自設計のもと開発しました。実は似たようなものは国内外いっぱいあり、値段も他社の方が圧倒的に格安ですが、でも大切な赤ちゃんを抱っこする道具。だからこそ安全性のために最も信頼できる日本のメーカーに納得する設計で新規に作成してもらいました。このバックルは70KG以上耐えることができ、十分な安全性を確保しています。

SCHUTZ加工(アメリカの最先端加工)

家でも外でも大活躍する抱っこひも。毎日使うからなかなか洗えない・・でも赤ちゃんはよく抱っこひもをなめるので心配・・。そんな声をもとに抱っこひもの衛生を考えてバイ菌が増えないように加工しました。 この特殊加工はアメリカで開発されたもので、赤ちゃんが舐めても大丈夫なものです。また、アメリカのみならずヨーロッパ、ニュージーランド政府からも認可を受けているのでとっても安心。衣料やシーツ、フードパッケージ等雑菌が繁殖しやすい商品に対してもすでに使われている技術です。

試験成績証明書拡大

試験結果拡大

”左側は加工済み、右側は未加工品”  ”生地に菌を乗せて、18時間後にどれくらい繁殖しているか”をテストしています。右側は菌がいっぱい繁殖してしまっています。

らくらくキャリーアジャストの購入はこちら

このページのトップに戻る

こだわりPoint6

お父さん・お母さんの体験レポート

らくらくキャリーアジャスト4725円(本体価格4500円)